スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

店長にやる気ないなら帰れって言われた…

a1180_004164.jpg
1:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:03:34.70

誰か俺の話をきいてくれ・・・


2:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:05:08.31

ああ聞いてやる
話してみな


3:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:07:12.05

語ってくれ



5:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:07:48.44

おおありがたい
ことはついさっきの話なんだが、とある飲食店で働いていたところ些末なことで機嫌の悪くなった店長にいきなりキレられて、
「やる気ないなら帰れ」って言われて帰ってきちゃった・・・


6:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:12:25.42

お前…少しは我慢というかなんというか…まあクズ店長なんだからあんま気にすんな
他を探せば良いさ


7:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:18:09.63

まぁ今日の行動を起こすにあたっていろいろ溜まってたものがあったんだよ。
その店長のせいでオープンしてまだ間もないのにオープニングスタッフ半分になってたし、。
ちなみに俺でちょうど過半数を超える


8:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:25:25.11

>>7
そんなヒドい店長なの?


16:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:54:04.08

割とどこにでも>>7みたいな店長とかリーダーっているな。
客観力に欠けてるんだろう。
店長が下にキレたってしもじもがいて店なり会社が成り立つんだろうにわかってないという。
いっそ全員でボイコットすればいいんじゃね。


9:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:35:30.58

>>8
端的にその店長のキャッチフレーズを表すなら
「俺って天才だろ?お前たちも俺みたいになりたかったらもっと努力しろ
俺ががんばるとお前たちじゃ追いつけないから俺は頑張らない」
かな


17:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:57:23.54

>>9の店長の発言意味わからん、ワンマンにも程がある。
オープンして間もないのに辞めたスタッフは過半数超えか…。その分仕事は増えるわ、店長最悪だわで大変だな。思う存分ストレス発散しなよ。


10:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:35:45.42

それは店長が悪い
晒せ


12:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:42:22.63

>>10
晒したいところだけどお店には迷惑をかけたくないんだ
お店はすごくいいところ


11:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:39:10.20

使われてる人間の意見と気持ちを汲み取れない突っ走り系ワンマンは店長じゃない
『名ばかり店長』と言うんだ


12:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:42:22.63

>>11
でも誰もその「名ばかり店長」に刃向えなかった
そこで俺がささやかな反骨精神をさっき見せつけてやったww


13:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:49:53.66

とにかく俺はあのクソ店長にかなりむかっ腹が立っているんだ!!
思い出せる限りでそのエピソードを語ってく


14:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:52:11.86

心ゆくまで語ってくれ


15:FROM名無しさan:2012/03/04(日) 23:53:39.94

向こうから辞めるきっかけくれると嬉しいよね~
早く帰れって言われたい(´・ω・`)クソ店長チネ


18:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:06:35.38

時系列ばらばらになるけど寛容に頼む

まず店長、店長は千原ジュニアに似ているのでジュニアとする

まず俺はバイトの面接でジュニアに出会った

ジュニア「ふーん何歳?」
俺「21歳ですっ」
ジュニア「・・・・・・」

面接でまさかの沈黙

ジュニア「大学3年生だよね?就活するの?」
俺「いえ、自分は大学院の進学を一応考えております」
ジュニア「・・・いよう」
俺「えっ?」
ジュニア「採用。大学院行くならいっぱい入れるってことでしょ?」

とまぁ面接らしいことをあまりせずなぜか採用が決まったww

思えばこの時点で気づくべきだった・・・


19:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:08:25.80

ぶらっくかくてい


20:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:10:36.37

ジュニアwwwwうぜええ


21:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:17:25.33

まずオープン前

オープニングスタッフってオープン前研修やら店の準備でなかなかと忙しい
経験ある人はわかると思うけど店の準備に至っては指示がないとなにもできない

そこで準備の手伝いに来てくれと言われた俺
俺「こんにちはー」
ジュニア「おおっ来たか」
俺「何やったらいいですか?」
ジュニア「ちょっと俺飯食うからまって」

俺は店長が飯食ってる間ずっと入り口付近で立ってたww
その間15分ww

ジュニア「よーしやるぞー」
俺「何やったらいいですか?(2回目)」
ジュニア「やべーなにから手を付けようww」

ジュニアは何も考えていなかったのである
当然指示がなければ何もできない俺

その日はただただジュニアの自慢話を聞いて終わり
本当に無駄な一日だった・・・


22:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:19:25.72

バイトじゃなくてジュニアの友達募集だったのでは?


23:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:21:31.63

>>22
かもしれん
明らかにジュニアには友達はいないであろうと推測されるww


24:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:23:05.26

ジュwwニwwアww


25:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:23:59.95

ワロタ


26:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:24:19.95

俺も昔、A○Cマートでバイトしてた頃ノルマや売上悪いと「やる気ないなら帰れ」って言われた事あったな
だから、実際帰ったがwww


30:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:36:11.36

レス全部返せないかもしれないけどごめん

次オープニングスタッフ研修
研修もシフト制でぽつぽついれてたのだがある日
1時間早く来てくれと言われる

俺「おはようございマース」
ジュニア「おおぅとりあえずお前は今日別メニューやるから」
はっ・・・?
ジュニア大量の資料持ち出す

ジュニア「最初の日に資料渡したよねぇ?」
俺「はい」
ジュニア「もう3日もたってるからメニュー全部覚えてきたよね?」
俺「えっ?」
ジュニア「はーい抜き打ちテストやるよー」
俺「ええっ!?」
突然テストを渡すジュニア、焦る俺
俺「まま・・まってください ちょっと時間ください!!」
ジュニア「しょうがねーなーじゃあ30分」

30分でできるかボケェ!!メニュー何種類あると思うとんねん!!

なんて思いながらも生真面目な俺は今までにない集中力を発揮し、
なんとかジュニアの抜き打ちテストを満点で乗り切る

ジュニア「よく覚えられたなぁ」

んな感想抱くならやらせんじゃねーよ!!


31:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:37:36.55

無茶ぶりかよ


32:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 00:43:31.56

クイズ大会とか本当に友達募集じゃねーか
なんだその馴れ合い


34:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:03:41.63

んでオープンする前日のプレオープンみたいな

オープニングスタッフ研修時になぜか俺だけにジュニアが熱心に指導していた
俺は疑問に思いながらも期待されているんだろうと思ってちょっとうれしくなっていた

当時は

ジュニア「よーしプレオープンのポジション発表するぞー」

言い忘れてたがうちの店は焼肉屋である
普通の焼肉屋と違って何種類も部位がありなかなかお高い
先のテストでは十数種類ある肉の部位、名前、その特徴も覚えさせられた。

ジュニア「N君(フリーターの先輩)はサラダ担当、K君はスープ担当で」
ジュニア「俺は・・・(なぜか俺だけため口)肉場!!」
えぇー
説明足らずで悪いけど焼肉屋において肉が触れるのは社員だけであるのが一般的
バイトが、それも2週間ほどの研修しか受けていない素人が触るのはありえないことなのである

ジュニア「大丈夫だ!!なんたって俺の隣だからな!!フォローは任せろ」
そこでデフォのドヤ顔に磨きがかかる


35:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:08:19.43

んで営業開始
俺の仕事はジュニアが切った肉を皿に並べるといった単純作業
しかしジュニア
ジュニア「汚い!!もっときれいにやれ!!」
俺「いや、初めてですし・・・」
ジュニア「こうゆうのは経験じゃなくてセンスなんだよ!!」
俺「あの・・どうすれば?」
ジュニア「こうだっ!!」

盛り付けたお肉の角度を若干変えるジュニア

ジュニア「ほーら奇麗だろう こうやるんだよ!!」
俺「はぁ(これだけ!?)」
ジュニア「俺はもっと美的センスを磨かないとダメだな!!美しいものを見ろ!!そうすれば俺の領域までこれる!!」
一片の曇りもないドヤ顔

当時本当に美しいものを見ようと考えていた自分をグーパンしたいorz


36:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:08:47.28

>なんたって俺の隣だからな

オワタ


37:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:12:11.09

中途半端に気に入られちゃったのがまずかったな。


38:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:12:22.87

あれだろ、お前んとこ去年食中毒起こしただろ


39:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:21:05.41

バイト先から電話きた

ちょっとはずす


41:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:25:23.85

電話?クビ宣告なのか謝罪なのか…


42:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:25:50.87

バレたか


43:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:28:20.49

店長「お前さ~にちゃんで俺の事書いてるだろ~見てるぞ~」


45:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:31:11.32

玄関にジュニア立ってたら、ガクブルだなww


47:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:41:46.29

いろんな推察立ってるとこ悪いがバイト先の社員のSさんだった
Sさんは身も心もイケメンのナイスガイ

Sさんは俺が突然いなくなったの心配して電話してきてくれた
Sさんチョーいい人

俺「突然でほんとすいませんでした」
Sさん「いいって 何かあったの?」

ことのいきさつを話す(後で投下する予定)

俺「~ということでして」
Sさん「そうだったのか・・・でも俺君がジュニアに言いたいこと言えてよかったじゃないか
その成長を見れて俺はうれしいよ」
俺「Sさん・・・」

感動に打ちひしがれる俺
しばし雑談(主にジュニアの愚痴)

俺「でもちょっと引き止められるの期待してたんですけどね~」
Sさん「甘ったれるな 男なら取った行動に対して責任取るものだろ!?」

Sさんまじかっけーと思った


48:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:50:56.80

自分も飲食の店長してる
やる気ないなら帰れは言ったことないけど、もう来ないでほしいてのは言ったことあるな。
最初は、はぁ?なんであんたにそんなこと言われなきゃいけないんだ とかキレてたのに
最終的に泣きながら頭下げられて続けさせてくれて言ってきた。
泣くくらいなら最初から真面目に働けよ…
相手がバイトだろうと、首宣告するのマジで病むから本当はそんなんしたくないんだぞ…


50:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:01:23.23

>>48
やる気ない人に帰れっていうのは俺も当たり前だと思ってる
でもその原因を作ってるのは誰かってのが重要なんだ


49:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 01:58:19.21

Sさん優しいね。店長さえいなければ働きやすい良い職場だろうになあ


50:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:01:23.23

>>49
ほんとにそれ


51:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:03:15.09

続ける(プレオープン続き)
ちなみに食中毒を起こしたところではないよ

うちの店は先述の通り十数種類のお肉がある
当然のように存在する盛り合わせメニューにおいてはその名前が記載してあるプレートみたいなのをつけなければならない

俺は盛り付けることはできるが肉の種類を判別することはできない
テストでやったのはあくまで種類とか場所とかで見た目に関しては全くのノータッチ
しかしジュニア
ジュニア「お前なら肉全部覚えたから俺がわざわざ言う必要ないよな?」
俺「いや~分かりませんよぉ(食ったことはおろか見た事すらないわ!!)」

営業中そんなに忙しくないときは教えてくれていたがだんだんとピークタイムに突入

俺「あの~すいません これは何という部位ですか?」
ジュニア「・・・」
俺「あの~・・・」
ジュニア「肉切ってる時に話しかけるな!!」
突然の半ギレ
俺「でもわからないんで・・・」
ジュニア「・・・○○と××」

こうして営業は進む
空気感は非常に気まずい
また訳のわからない肉にエンカウント
俺「あの~・・・」
先ほどのことを思い出す俺
俺「・・・」
ジュニア「・・・(肉切るのに集中してる)」

何のためらいもなく適当なプレートをつけてその場を乗り切る


52:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:09:40.41

自分の仕事でいっぱいいっぱいな役立たず店長かよ、うぜぇ


53:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:16:59.80

次オープンして最初の方

オープンしてからというもの俺はジュニアに気に入られていたせいかシフトは週5~6
毎日のようにジュニアと顔を合わせることとなる
当時大学の実験のレポートなどに追われていた俺にとってはいろいろな意味でなかなかのハードスケジュールだった
ある平日全く客が来ない日があった
オープンしたての店にとっては別に珍しくもないのでSさんを含むみんなが「仕方ないなww」みたいな感じだった 
ただ一人を除いて
言うまでもなくジュニアである
ジュニア「これはやばい おい」
俺「なんでしょう?」
ジュニア「お前らあがれ」
俺&Nさん「!?まだ20時ですけど・・・」
ジュニア「いいからあがれ・・・そうだ!!」
何かを思いつくジュニア 流れ的にいい予感はしなかった
ジュニア「お前らここで飯食ってけ そうすればお前らも肉覚えられるし店の売り上げもあがる!!うはww俺って頭よくね!?」

ジュニアにとってはコペルニクス的転換の発想だったらしい
その証拠がはちきれんばかりのドヤ顔


103:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:26:11.35

>>53

もはや思考そのものがネタだろ。


54:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:19:29.17

はちきれんばかりwww


55:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:19:30.52

良くねーよカス…
最悪だな
そりゃ大半が辞めるわ


56:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:21:33.94

ジュニアwwwクズだなぁww


57:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:23:18.04

あり得ないとは思うが一応聞く。当然店長の奢りだよな?


58:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:25:55.19

>>57
その答えは次に・・・


60:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:32:00.63

もうジュニアに逆らうこともできず俺とNさんはバイトをあがり席に着くことに

とりあえずNさんと乾杯
Nさんはバイクなのでコーラを 俺はビールを飲む
俺「ぷはぁーうめぇ」
Nさん「じゃんじゃん頼もうぜ」

俺とNさんはガンガン肉を注文した
俺もNさんも大食漢なのでめっちゃ頼んだ
うちはそこそこお高いので4枚で1200円とかいう肉も3皿ぐらい頼んで
俺「やべー食いすぎじゃないっすか!?ww」
Nさん「思ったほどいってないでしょww」
楽しく食事を楽しんだ

俺は期待していたんだ
ジュニアが少なからず出してくれることを

ジュニア「おーお前らめっちゃくったなぁ」

きっちり1万5000円持ってかれましたww


103:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:26:11.35

>>60

もはや思考そのものがネタだろ。


61:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:32:58.49

クソワロタ


64:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:42:53.76

時系列バラバラでゴメン

俺がオープン後初出勤の日
俺はキッチンだったためホールの子とあまり接点がなかった
そこで誰と一緒になるんだろうとか淡い期待を抱いていた

出勤後、いの一番にシフト表を確認

なんということでしょう

最初25人ほどいたアルバイトが・・・

オープニングスタッフ研修を終えて・・・

15人ほどになっているではありませんか!!

匠(ジュニア)曰く
ジュニア「俺が選んだメンバーだからな!バリバリいくぜぇ!!」

Oh・・・
気になってたあの子が・・・


65:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:44:17.18

これはヒドイ


66:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:47:50.19

よっぽど店長が嫌だったんだな…


68:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:55:26.05

>>66
のちに聞いた話だとジュニアが「お前いらない」的なことをいったらしい


67:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:51:27.58

バイトが25人いることに驚いた俺は


68:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 02:55:26.05

>>67
俺も最初は驚いた
でも今考えるとふるいにかけるためだったのかもしれない


70:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 03:01:28.92

んじゃ次にいくぜぇ!!

とある営業日
ジュニアは精神論信者なのでとにかく「声を出せ!!」と口酸っぱくいっていた
落ち着きのある高級焼き肉店なのでその光景はなんともミスマッチ
白を基調としたスタイリッシュな店内は男共の汚い大声と調和してはかなくも薄汚い雰囲気を醸し出していた
ジュニア以外はみな疑問視していたが
当のジュニアは恍惚のドヤ顔を浮かべていた

そんななかとあるDQN客が現れる


71:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 03:05:40.11

嫌な予感


74:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 03:17:15.06

いいぞどんどんあげろ


75:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 03:30:58.21

がんがんいくぜー!!

DQN客は席に着くなり悪態をつき始めた
DQN1「おいねーちゃん!!こんなとこに酒おいたらぬるくなっちゃうだろうが!!」
DQN2「・・・(ニコニコ)」
DQN1「おいねーちゃん!!この酒薄いだろ!!作り直せよ!!」
DQN2「・・・(ニコニコ)」
とまぁみんなに聞こえる感じでわちゃわちゃ騒いでる

その光景を見つつも俺はジュニアの隣で必死に声を出し続けていた
もちろん仕事に一切手は抜かない

しかしここでDQN客は俺に目をつける
DQN1「おいっ!!」
俺「いらっしゃいませええええええええ!!」
DQN1「おいっ!!にーちゃん!!」
俺「ありがとうございましたあああああああ!!・・・え?」
DQN1(ネームプレート見ながら)「俺君っていうの?君ね うるさい!!」
俺「申し訳ありませんでしたあああああああ!!」
DQN1「うるさいって言ってんだろうが!!」
DQN2「・・・(ニコニコ)」
どうやら俺の必死の声はDQN客には耳障りだったらしい

DQN1「こっちは静かに食事しにきてるのよ 君の声うるさすぎ」

圧倒的正論ww
DQN1「もう君口開かないでね?」
俺は完全に沈黙
隣にいるジュニアはなぜか苦笑い
小さな声で「すいませんでした・・」とかいってたww


76:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 03:42:06.33

何も言わずニコニコしてるDQN2が不気味だ


77:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 03:43:58.85

続き

ジュニア普段ドヤってるくせにこんな時に限ってコミュ障ww
仮にも店長なのにクレームから離れようとするその姿勢
まさに現代に舞い降りた落ち武者であるッww

DQN客がひとしきり文句言って帰るときちらっと聞こえた一言
DQN1「もうこんなとこくることねーな!!」
DQN2「・・・ごちそうさまでした」

DQN帰宅後
ジュニア「なぁ・・・」
俺「はい・・・」
ジュニア「お前なんで声出してたの」
俺「・・・いや(えぇーーーーーー)」
ジュニア「見てれば分かるよね?あの客がうざがってたの なんで声出し続けてたの?」
俺「や、だって・・・(あんたが声出せゆうとったんや!!)」
ジュニア「だから空気読めないのは嫌なんだよ そんなんじゃ俺のようになれないぜ?」

ここから俺はジュニアを冷たい目で見るようになる・・・

ちなみに最終的にはSさんがその客を連れてきたのが悪いとかぬかしやがった
ゆるせん・・・


78:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 03:54:31.96

クレーム応対はできない、理不尽な物言い、挙げ句に人の所為にする…最低だな


79:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 03:57:25.36

てんちょーまじかっけーっす


80:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 03:59:14.28

別の日

うちの店はそれなりの高級肉をあつかっていることもあって当然その仕入れ先にコネクションが存在していた
なんでもオーナーと某有名食品会社の重役が知り合いらしくそのつながりでお肉を破格で仕入れているらしい

ある日その重役さんがうちの店に食べに来た
重役さんのお肉に関する知識はハンパなく、態度や風格からもエリートのオーラがすごかった
しかし重役さんがお肉を注文して食事を楽しんでいた時、となりのジュニアが思いもよらぬ行動に出る

ジュニアは文学少女並みに遠い目をし始めた

ロマンチックジュニアゲージが重力を振り切ったところで口を開く

ジュニア「なぁ・・俺よ・・」
俺「はい?」
ジュニア「いつになったら俺はあの人(重役)に届くんだろうな・・・」
俺「・・・・」

俺は・・俺は・・・なんて声をかければよかったんだ・・・orz


81:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:14:35.24

これは返事に戸惑うなw
ナルシスト野郎の相手は面倒臭いね


82:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:15:09.28

人いないけどまだ頑張る

いままで語った通りジュニアはヤバイ
そのヤバさを知ってか知らずか知らないうちに1人また1人とバイトが減っていった
そのやめる理由もクビからばっくれ、明らかなウソなどバリエーション豊富だった

俺にはその時気になっている子がいた
ジヨンに似ているからジヨンとする
ジヨンは看護系で学校が忙しくあまりバイトに入れていない子だった

そんなジヨンが忙しい金曜日に伝票を打ち間違えてしまったんだ
ジュニアはあまりシフトに入らないジヨンを嫌っていたみたい
そのこととあいまってジヨンにきつく当たり続ける
ジヨンはもう泣きそうだった

その日の終わりジヨンにメールした
俺「大丈夫?今日はジュニアがたまたま機嫌悪い日だったからだよ また次から頑張ろう?」
ジヨン「励ましてくれてありがと 元気でたー!!」
的なやり取りをした
次にジヨンとかぶる日が来た

ジヨンはその日の終わりに突然「辞めまーす」といって辞めていった・・・

俺の中で何かがはじけた


83:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:21:19.86

>「辞めまーす」

軽いなw


84:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:23:00.75

清々しいぜジヨンwwwwww


85:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:23:57.69

辞める元気をお前に貰ったんだな


86:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:30:07.19

眠いが書かんと気がすまん

ジュニアはほんとにヤバかった
どうヤバいかというとキレると手を出すなど直接的な暴力にでることがあった
特にものを投げられるのは非常に困る
殴る蹴るならば近づかなければいいが、固いものでも投げられたらひとたまりもない

ある混んだ日
ジュニアはイライラしていた
イライラしているのがわかっていたので俺をはじめバイトの全員はジュニアに近づかなかった
そこで離れた場所でNさんと俺は料理の提供のタイミングの相談をしていた
相談をしていたため声を出していなかった

するといきなりジュニアがNさんに向かってミル?(回して塩出すやつ)を投げつけ包丁片手に凄んできた
ジュニア「お前らぁなんで声出さねえんだよ!?やる気あんのか?」
訳が分からない俺とNさん
ジュニア「なぁ俺よぉ!?俺の言ってること間違ってるか!?」

もうその日は完全にジュニアを無視していた
俺はバイトの中では一番使える万能キャラ(自称)で働きさえすれば文句を言われなくなっていたので別に無視をしても何も言われなかった


87:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:40:52.16

もうこれ重役とかに訴えていいレベルじゃね?


88:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:45:09.26

続ける

このようなことが何度もあったのでもはや職場内の空気は最悪だった
気になる女の子もおらず 賄はなく
人が減って締め作業の1人当たりの負担がものすごく大きくなってもジュニアは手伝わず

もはや楽しさを見出すことが厳しくなっていた
唯一の楽しみはSさんとの談笑だった
Sさんは相談役の鏡と言ってもいいほど聞き上手だった

しかしSさんも最近のジュニアの横暴のせいで疲れているようだった

ちなみにジュニアは何をトチ狂ったのかいまだに学生のような年功序列を強いている
ジュニアの1つ年下のSさんは毎日ジュニアより2時間早く店に来るという暗黙のルールを強いられていた


89:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:46:19.43

ここ時給いくら?


90:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:46:38.38

Sさん…


91:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:54:08.44

大人でお人好しだな、Sさんの心身が心配だ


92:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:57:46.68

そのくせ店はなぜか調子が良かった
混雑するのに人は減るという謎の反比例
もうバイトの子で頑張り意識が強い子などいない
バイトのたびに大量の締め作業に追われるのが苦になって皆口を開けば辞めたい辞めたい

どんな状況でもジュニアは手伝わない
売上計算と銘打って2時間は事務所にこもる

Sさんはけっしてそんなことはしなかった
まだ続ける

Sさんはみんなの締めが終わってから計算を始める
Sさんが普段何時に帰ってるかは分からない

ただジュニアはSさんより確実に早く帰ってる


93:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 04:59:05.94

ミスったww

あぁーちなみに時給は9000ぺリカです


94:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:01:42.37

ほほう


95:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:07:03.55

そろそろ終わるぜ

世の中完全に間違っていると感じた

まじめで人望も厚く、厳しいながらも優しいSさんがジュニアのようなクズの下につかされているのが許せない

ただ生まれた順番が早い遅いだけでSさんが虐げられているのが許せない

まじめに健気に頑張ってるSさんの横でたばこをふかしているジュニアが許せない

何もかもが許せない 

あのカスが

かかわること

全てが


101:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:16:54.61

まてまて。
ジュニアの罠で150000ペリカ引かれたんだよね。
俺の所の月の食事補助を余裕で上回ってるとかどんだけだよ。


104:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:30:00.64

もうチョイがんばる

そのような思いを抱えていたから当然シフト回数も激減 週1~2になっていた
そんななか決定的な事件が起こる

バイトのK君(さっきちょろっと出たかな?)がバックレやめをした
バックレ自体は珍しいことでもないだがK君というのが意外だった

K君はバイトの中でも俺と仲が良く、よく一緒に飯を食いに行ったりしていた。
K君は後輩ながらもなかなか思慮深い男だった。

K君は1か月おばあちゃんの家に行くからバイト出れませんといってバイトを1か月休んだ

1か月後、K君がバイト先に来ることはもうなかった

計画的バックレだった

後の話によるとおばあちゃんの家に言ったのも嘘らしい

ここでのK君の行動力が俺の勇気につながった


105:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:32:14.21

がんばれ


106:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:32:35.11

そして今日のはなし

日曜日なのである程度の混雑はあると思って出勤
しかし従業員は全部で7人
相場より二人も少ない 
今日は荒れると確信していた


107:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:38:28.82

うちの店は圧倒的にホールが忙しい店だった
なぜなら通常業務以外にも肉のうんちくを説明しなければならなかったから
当然人が少ないので回るはずもない
少し請求が多くなってきたところでジュニアがホールに出て手伝うとか抜かしやがった

ジュニアは俺の記憶ではホールをやったことがない
そんなやつがホールに出てどうなるか

言うまでもなくホールは連携が大事
仲の良いバイト間にジュニアを放り込むとどうなるか・・・


108:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:52:39.90

ジュニアのおかげでホールの子はてんやわんや
ジュニアも特に働くわけでもなくうろうろしていた
ジュニアがホールに行ったためキッチンが一気に忙しくなった
そうしてせっせと働いているうちにジュニアがキッチンに戻ってきた

そして俺にキレだす
ジュニア「おいっ!!どうなってんだよ!!」
俺「?」

どうやら提供した料理にビニール袋の切れ端が入っていて
それをたまたま近くを通ったジュニアにクレームを言ったらしい

その料理は俺が作ったものなのかもう一人のバイトのA君が作ったものなのかは分からない
普段なら対応として新しい料理を作ってすぐに持ってくのが普通だったがこの日は違った

説教タイムである

ジュニア「お前が作ろうがAが作ろうが関係ないんだよ!! 責任者はお前なんだから お前がちゃんと確認しなかったのが悪い」
訳が分からなかった
その後その説教タイムのせいでオーダーの請求が来る

先ほどクレームをもらった卓だった


109:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 05:59:51.33

ジュニア「お前早く作れよ!!」
俺はすぐに料理を作る
その料理はコンロを2つ使う料理でちょっと時間がかかる料理だった
あの説教タイムがなければ普通に間に合っていたのに

そう思いながらも急いで準備して火にかけようとしたとき

あろうことかジュニアがコンロ二つ使って肉を焼いて食ってた

言葉を失うとはまさにこのこと

そんで睨んだらバツが悪そうにどかしてた

コンロにかけて火をつけた後
ジュニアに「お前次請求もらったら殺すからな」っていわれた

もう我慢の限界


110:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:04:46.05

ジュニアどういうことなの…


111:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:04:52.06

もう何もかも限界だった

そんで無気力になった俺はずっと棒立ちしてた

ジュニアに見える位置で

ジュニアは怒鳴り込んでくる

ジュニア「お前やる気あんのか!?ないなら帰れ」

帰ろうとする俺

ジュニア「お前本当に帰るのか!?」
俺「帰れって言ったのあんたでしょ?」

ジュニアにとっては意外な行動だったらしい


ジュニア「もう来なくていいから はいはいお疲れ様~」
俺「来ませんよ 給料だけはちゃんと振り込んでくださいよ」
ジュニア「はぁ?しらねぇよてめぇの給料なんか!!」

もうどうしようもねぇ・・・


112:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:07:38.50

悪いこと言わん。
店内型は今後一切問わず止めとけ。


113:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:08:32.49

仕方がないので俺は事務所に行って
パソコンを開き先月の分の勤怠表をカメラで撮影して
アイポッドのボイスレコーダー片手に
俺「給料だけはちゃんと払ってくださいね」
ジュニア「だからしらねぇよ!!」

こうして俺はバイトを辞めたのだった・・・


115:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:15:47.61

うっし
聞いてくれてありがとうございました。
まだ誰かいたら質問受け付けます


118:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:20:31.37

>>115
お疲れ
今後バイトどうする?
しばらくはバイトしない予定?


120:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:24:09.05

>>118
ありがとう
バイトはしたいんだけど就活と研究室あるから厳しいかも


116:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:17:44.76

給料もらえなかったらどうすんの


117:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:19:16.25

>>116
まずSさんに相談してそのあと労基行こうかな


119:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:22:46.90

こんな朝からこんな良スレに出会えて感謝。


122:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:26:38.21

>>119
良スレだなんてとんでもない
私の駄文を読んでもらって本当に感謝してます


121:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:26:05.89

スレ主はなんとなくイケメンであると予想


123:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:27:47.23

>>121
イケメンではありません
イケメンだったら今頃ジヨンは・・・


124:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:31:21.13

>>1
勉強頑張れ。
大企業は超絶緩いぞ。
おやすみ。


125:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:32:54.30

>>124
俺ゲームのシナリオライターになりたいんだ
お疲れ様です ありがとうございました


126:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 06:45:08.75

それではもう眠さが限界なので失礼します。

くだらない話に付き合っていただいてありがとうございました

おやすみなさい


127:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 07:30:49.65

おつかれえええええ


128:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 09:10:43.53

やべー全部読んじまったw
とりあえず>>1乙。
今後の人生でこれ以上ひどい職場はないと思ってがんばってくれ。
おそらく他の人間よりもお前は忍耐力が鍛えられてるから、それ活かしていい人生送れるよ!


129:FROM名無しさan:2012/03/05(月) 09:17:26.21

お疲れさん、酷い目にあったね。>>1と焼肉店従業員に幸あれ


138:FROM名無しさan:2012/03/06(火) 04:05:51.94

給料は振込まれるのか
店はどうなるのか
Sさんはどうなるのか

今後が気になる!


139:FROM名無しさan:2012/03/06(火) 08:15:36.00

俺も気になるお(´ω`)


153:FROM名無しさan:2012/03/09(金) 17:10:19.23

俺も飲食店バックレた時給料なかったなぁ。

高校生だったけど社会の厳しさ知ったよ。


154:FROM名無しさan:2012/03/09(金) 17:12:37.58

バックレでも給料は払う義務がある


164:FROM名無しさan:2012/03/09(金) 19:13:11.97

もう実際給料が入ってたから思い残すことはないかな

それじゃ長期間に渡って読んでもらった方ありがとうございました

アルバイトしている方は頑張ってください!!


166:FROM名無しさan:2012/03/10(土) 01:27:13.09

>>164

面白かったわ


関連記事

[tag未指定]
[ 2012/04/07 12:00 ] 2ちゃんねる | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。